• うめたん Umetan

【春編】篠山の過ごし方


長い冬が明け、一気に花や山林が息を吹き返し色彩が戻ってくる季節です。

3月には町中あげて雛人形をお披露目するひな祭りや、

4月上旬は城下町がぼんぼりで浮き出るさくら祭り、お花見。

筍や山菜など山の幸。冬の間に貯めこんだエネルギーが爆発しています。



①丹波篠山ひなまつり


3月2週目の週末から3週目の週末(予定)にかけて開催。

市内全域の8つの会場でひな祭りの展示会やイベントが開催されています。





城下町や宿場町、廃校跡地や神社など様々な趣ある会場で明治や大正時代などの様々な伝統雛人形が寄せられ、鑑賞することができます。

時代にあわせて雛人形の様式も流行りや個性があるので1体1体見ていて飽きません。

大芋エリアでは手作りのかかしもお出迎えしてくれます。期間限定で普段公開していない江戸時代の武家屋敷にお邪魔出来る事も。





城下町では一般の民家や街角でも展示が見れるので町歩きにはぴったりのイベントです。

昔は、雛人形も様々なスタイルがあったのですね。



②丹波篠山さくら祭り


毎年4月2週目週末開催(予定)

篠山城跡お濠のぼんぼりライトアップ 4月上旬(予定)


2018年は4月7日・8日2日間、大書院前三の丸広場で開催された「丹波篠山さくらまつり」。

30店以上の飲食味覚ブースや音楽の生演奏などが楽しめます。

篠山城跡でのお花見ももちろんOK。



城下町以外にも市内には桜が見事なエリアはたくさんあります。

写真はごくごく一部です。旧小学校ではライトアップされた桜を眺めながらのナイトカフェも。

東部村雲エリアはなんといっても綾部街道の桜並木素晴らしい。





③春の味覚・山の幸


筍狩りや山菜狩り。私も最近少しずつ山菜の種類を覚えました。

よもぎをとって草団子にしたり、ワラビと筍で筍ご飯!

山菜ピザ作りや山菜クッキング教室など各地でイベントも開催。

もちろん、地域のお店は旬の春野菜たっぷりのメニューが充実。



4月中旬にしか味わえない貴重な「花山椒」を収穫して焼肉やBBQの薬味にいかが。

ぴりりと後から辛いが山椒の香りがふわっと広がる贅沢な味覚。山椒の実とまた少し華やかさが異なるその香りは一日でほぼ消えてしまうと言います。私がお借りしている畑に生えているので、超貴重な「花山椒」を収穫してみたい人はぜひ うめたん まで。

*メス株の花を摘んでしまうと山椒の実がなりませんので勝手に獲ってはいけませんよ



④野菜作付け~夏・秋の収穫祭に向けて~


春になると野菜苗や種のショッピングが楽しみ。

近所のベテランさんに教えてもらって自己流で畑を作っています。

2月くらいから耕して枯れ葉などの有機たい肥を入れて鶏糞をまき発酵させて土づくりをします。1~2週間後、種まき準備完了。自己流で野菜のかすなどをまいてます。趣味レベルなので、農薬はいっさい不要。(鶏糞や有機肥料は使用します)




篠山市は神戸や大阪から1時間なので、月に1回や2回通うのも何てことありません。

土づくりはホームセンターでは出来ません。やはり山里の土壌と落ち葉などで時間をかけて豊かな土壌を作っていくと、格段に野菜作りが楽しく・美味しくなります。

最初は、好きな野菜の苗を買って植えるだけでもOK!

野菜作りへの愛がだんだん芽生えますよ。ぜひ体験しませんか?

苗ショッピングには夢があって好きです。




ピーマン・トマト・なす・ししとう・唐辛子・まくわうり・ズッキーニ・オクラ・キュウリ・かぼちゃ・スイカ・しょうが・ねぎ。

夏に向けてまだまだたくさん、育てなきゃ!!

秋に向けての黒豆種植え準備もこれから始まります。


もちろん、田植え体験も日本人なら一度は体験してくださいね!

0回の閲覧
ADDRESS

​兵庫県篠山市小田中104-1

 

FIND​ US
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン

See more pictures or reports at umetan account what you can experience with the locals.

© 2018 by うめたん. Proudly created with Wix.com